長時間パソコンを扱うときの目の休め方

 

長時間パソコンを使用し続けると非常に目が疲れます。コンタクトをしている人は目が充血してきたり、めがねの人でも焦点が合わないなどの弊害が出てきます。そこでそういった疲れ目を休めるための方法としていくつかの対処法をお教えします。

 

まずは、パソコンを1時間使用するごとに10分間休みを取ることです。目は使用し続けると疲労が蓄積してきます。そのためその疲労の蓄積を防止すべく、1時間ごとにパソコン操作をやめて目を使わない作業もしくは休憩を取るべきです。

 

これにより、目の疲労の蓄積をある程度抑えることが可能となります。つまり疲労の蓄積を防止することさえできれば目の疲れはかなり減るのです。

 

また、目をホットタオルで温めてやる方法も目の疲れを癒してくれます。ホットタオルを目の部分におき、目を閉じることで疲れが吸収されるような感じでリラックスできます。

 

目が疲れると肩こりなども出てきてしまうパターンがあり、ホットタオルで目の疲れを取りリラックスすることで肩こりも解消されるのです。

 

またホットタオルを目の上に置くことで癒しの効果もあると言われております。仕事での疲れは目だけでなく心身共に疲れを感じるため効率よく仕事をするためにもぜひ試してみる価値のある対処方法なのです。

 

次に、耳たぶより少し上の部分を指でぎゅっと押さえることでも目の疲れを癒してくれます。耳たぶより少し上の部分を少し痛いぐらいに強く抑えて5秒間ほど我慢するのです。

 

するとつぼを刺激して血行がよくなり、目頭が熱くなることを感じることができます。血行が良くなると言うことはそれだけその部分にたまっている不純物を押し流してくれる効果があるため、非常に目の疲れを取ってくれるのです。

 

また、甘いものを摂取することも目の疲れを癒してくれる対処方法の一つです。甘いものは疲れた脳によく効くと言われておりますが、目の疲れにも効くのです。

 

その理由は、甘いものを取ることで休憩を多少なりとも取っているということ及び甘いものを甘いと感じることで気分を変えることができその結果、気分転換につながり疲労感を多少なりとも解消できるのです。ただ、何事も食べ過ぎなどはよくありませんので、過剰摂取は病気の元にもなりますので控えましょう。

 

このように目の疲れを癒す対処方法はたくさんありますが、まずはパソコンを使用する場合は1時間ごとに休憩を取ることをお勧めします。休憩を取ることである程度、疲労の蓄積を防止することができその結果、疲れを抑制できるため仕事の効率も上がるはずです。

 

そして効率が上がれば、実質上の作業時間は減るため心身への負担は減ることとなります。そのためにも、定期的な休憩を取ることが一番効率よく作業でき、心身への負担も軽減できるのです。

 

今月のアクセス数NO.1記事



めまいに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
めまい治療でのサプリ療法
日々のめまいにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛いめまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

今月のアクセス数NO.1記事



めまいに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
めまい治療でのサプリ療法
日々のめまいにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛いめまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加