メニエール病の注意すべき食品と飲み物

メニエール病の注意すべき食品と飲み物

 

めまいの代表的な病気であるメニエール病。メニエール病の本質は「内リンパ水腫」というものです。
体をめぐるリンパ液が内耳の中に溜まってしまうので、耳の中を圧迫した結果「めまい」を起こします。

 

 

何故このようなことが起こるかの原因はまだ判明していませんが、ストレスによる体の不具合が耳に影響をしている考えが強いのです。
また、リンパは水分不足が影響するところもあります。そして、血液にも関連しているので血液をサラサラにする食品を食べましょう。

 

ここに注意すべき食品や飲み物・逆に日常的に食べたほうが良いものを記載いたします。

 

 

メニエール病に注意すべき飲み物・食べ物

■脂っこいもの

 天ぷらや揚げ物などを中心とした食事は血液をドロドロにしてしまいます。

 

■コンビニ食・外食

コンビニ食・外食は基本的にカロリーが高く、長期に保存させるための添加物もたくさん含まれています。
メニエールを発症しているクライアントの方には、お仕事が忙しく外食中心の方がいらっしゃいますので、できるだけ手作りのお弁当などを
持って行くとよいでしょう。

 

■清涼飲料水・ジュース

砂糖や人工甘味料は、ホルモン系に作用するというアメリカのレポートが有ります。
ホルモンのバランスは、自律神経のバランスとも関係がありますので、お水やお茶などを飲むことをオススメします。

 

メニエール病に良い飲み物・食べ物

■納豆

納豆のあのネバネバには「ナットウキーゼ」という成分があり、それには血液のサラサラ効果があります。
毎朝の納豆ご飯にはメニエールを予防する効果があります。

 

 

■緑黄色野菜

体の毒素を出すには野菜の力、ビタミンやミネラルが必要不可欠。
季節性のある色鮮やかな野菜を食べることが、外の気候にも合うのでグッドです。

 

■お水

人の体質にもよりますが、大体2リットルから2.5リットルの純粋な「水」を飲むと良いとされています。
小まめに飲み、長期的に続けていくのが良く、いきなりがぶ飲みをするのは意味が無く、場合によっては他の症状が出ることがあります。

 

 

メニエール病に処方される薬の中には抗生剤の「ビタミン剤」も存在します。
こうゆうお薬を処方されるということは、ビタミンがメニエール病に効果があるということなのでしょう。

 

ただ、カウンセラーとして心配するのは、「ビタミン剤」は、人工的に作られたビタミンであるということです。
もしできるなら、天然で且つ無添加であれば飲む側も、もっと安心できますね。

 

ここでおすすめしているのは、血液のサラサラ効果を持つ「アホエン」と、自律神経を整えることでストレスに強い心を作る「ビタミンB1」を併せ持つ「にんにく玉」です。

 

こちらは値段はお試しは安価で、お求めやすく、さらに昔ながらの製法で作られた無添加の健康食品です。

 

>詳細はこちら

 

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。