頭がジワッとしてめまいがする、その原因

頭がジワッとしてめまいがする、その原因

 

パソコンを見続けている時に、いきなり頭に「ジンッ」としたり「じわっ」とした
違和感があった後、めまいが起こることはありませんか?

 

ついでに気持ちが悪くなったりしているのなら、それの原因は「眼精疲労」です

 

アンケート結果発表「めまいが起こるのはどんな時?」 予防アイテムでめまいを脱出

 

首から上の血流が悪くなっている

 

頭がジワッとしてめまいがする、その原因は同じ姿勢をずっと繰り返し、パソコンや画面を見続けてしまったせいで、肩から上の血流が悪くなり脳や目に血液が届かず、めまいを起こしている状態です。

 

頭が重くてぼんやりしている、という症状も重なることがあります。

 

こうゆう症状が出る方の生活として、忙しすぎて病院や整体にも行く隙がない。

 

また血流改善のために、整体に行くと「もみごわり」や「もみ返し」がひどいから行きたくない方が多いようです。

 

実際に体験している方で、ここまでの症状が出ている方は、結構ひどい状態なので、マッサージに行くと「もみかえし」によって更に悪化した、という声も聞きます。

 

血流を良くして予防するオススメ

 

血流を良くして血液をサラサラにする食材の一つにニンニクがあります。もし病院にいっても病気の可能背がない方は、栄養を取り入れることをカウンセラーもおすすめしています。

 

頭のジワッとする血流の悪さは、肩こりもそうですが、ストレスによる自律神経失調症も併合して起こっている可能性があるのです。

 

自律神経失調症は、体を「休む」「動く」のスイッチのバランスが崩れている状態です。

 

自律神経の切り替えに必要な栄養素は鉄分ではなく「ビタミンB1」です。

 

その栄養素を含んでいる野菜を沢山…といいたいところですが、実は野菜などに含まれるビタミンは水溶性で、食事で摂取してもすぐに体の外に排出されてしまいます。

 

ここでは油に溶ける性質を持ちながらビタミンB1 と同じ作用をする「アリチアミン」の摂取を推奨しています。アリチアミンを多く含む食材としてにんにく玉」という滋養食があります。

 

九州の地で受け継がれる伝統食で「にんにく」と「卵黄」しか使っていません。ニンニクのアリシンと卵黄の油が結びつくと「アリチアミン」となります。

 

ビタミンB1 は水溶性ですぐに尿として排出されますが、アリチアミンは油溶性で体の中に長く留まることが特徴です。

 

体の中に栄養が長く留まることは、自律神経の切り替えの手助けも通常のビタミンB1 より行ってくれます。

 

目眩が安定しない方は、自律神経を整える栄養素の摂取をしてみましょう。

 

 

詳細はコチラ。

 

 

もちろん改善のためには病院や整体などに行き続け、お薬や健康のための努力や出費が一番です。

 

 

少しでも症状を改善できるためにできること

 

このような症状がでるかたは、肩から上の血流をよくしなければなりません。簡単に言うと「温めてしまうこと」が第一です。

 

よく濡れタオルを電子レンジでチン!して目に当てる方法がありますが、持続時間が短いことが玉に瑕だと思っています。
しかも頭全体の血流を良くしたいので、目だけの血流を良くするのは少し力不足です。

 

ここでご紹介するのは「ホッカイロ」を使った温め方法です。
市販で150円くらいで販売されている10枚入りの「貼るホッカイロ」を用意しましょう

 

それをタオルに一列にペタペタ貼ります。それを肩から首にかけて巻いてください。
巻きにくい場合は、首と肩を別にしたり、肩だけは衣服に貼ったりしてください。

 

そして目の血流は、安眠グッズのアイマスクの上にホッカイロをペタリと貼ってつける。

 

こうすると、最高で約8時間くらい温めることが可能です。

 

あんまりにも血流が流れていない場合はホッカイロアイマスクで「目が充血する」ことがあります。
時間を置くと引いていきますが、自分の体が異変を感じたら少し剥がしてみたりしてください。

 

冬にしかできない、とか思わないでください。むしろ夏のエアコンによって目の疲労感を増している方が多数です。
夏にも目の血流をよくすることが必要なのです。

 

そんなこと仕事中はできまいひとへ

 

肩のホッカイロは衣服の上から貼れば、仕事中でも効果がありますが、首や目はそうは行きません。
すこしでも血流を良くするためにできることとして、血液の流れを良くする「アホエン」と自律神経を整えて体のだるさを軽減する「アリチアミン」の摂取を推奨しています。

 

この栄養素は、にんにく卵黄の一つである九州の滋養食「にんにく玉」に多く含まれています。カプセルも添加物もない、正露丸のような形ですが、自律神経の切り替えを正常に行ってくれることで、精神が安定する効能があります。

 

にんにくには血液をさらさらにする効果が知られており、また卵黄と煮こむことによってできた「アリチアミン」は自律神経を整えるビタミンB1と同じ効果を持ちます。
普通の野菜などの中にあるビタミンB1は水溶性ですぐに尿や汗として排出されますが、「アリチアミン」は油溶性で普通のビタミンB1より長く体にとどまり続ける性質を持ちます。

 

リラックスなど簡単にできない仕事場では、このような対処も一つの案です。

 

温めることに抵抗がある方は

 

余談ですが、炎症している場合は「冷やす」ことが対処法になります。
頭にしびれのような違和感をもつめまいは、「脳が原因」と思われる方もいますが
「脳が原因」の場合「手足のしびれ」が付属することがほとんどです。
手足のしびれがなければ、まずは血流の悪化と判断して良いでしょう。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。