地震の影響によるめまい

 

日本では最近も大きな地震が続き心配な状態が続いています。
地震も数年前の震災の時に被災地により100キロ圏内で暮していた為にかなりの揺れを経験しました。
そして続く余震でかなり体調面で不安な日々が続きました。

 

中でも地震によっておこるめまいや気持ち悪さを体験したのですが、地震でのめまいに苦しんでいる人が意外と沢山いることは地震が病院へ相談へ行って分ったことです。

 

医師の説明によると地震でのめまいがしてしまう人には単純に地震による揺れでめまいがしている人と、余震などの後揺れによる後揺れ症候群になってしまっている人と、地震による大きなストレスと続く余震でのストレスがあったり、脳幹に悪影響が出てきてしまっている人といろいろなタイプで地震でのめまいに?がっているそうです。

 

自身の体験でもそうでしたが、地震でのめまいに苦しんで人は脳神経内科的にも耳鼻咽喉科的にも何の問題もない人が多いので、やはり多くの人が地震が起きたことの恐怖と疲労とストレスからきている事が伺えます。

 

一番の改善方法としては余震が起きていない場所で暮らすことが一番早く体調を改善させられるとの事ですが、そうもいかないので症状が出てしまったら薬を飲むことや、それでも改善がみられなうい場合は精神科でのリハビリによる治療方法もあるとの事です。

 

一番良く使われる薬は乗り物酔いや頭痛などを改善させられる薬を飲むことです。

 

医師にかかるまでもないんだけれど、地震が続き何だか体調が悪いとかめまいがするという方はドラッグストアで販売されている市販薬の乗り物酔いを止める薬でも代用が出来ます。

 

しかし、地震が頻発に起こると、車酔い止めの薬でもあまり効果が得られる、さらにストレスを感じてしまいますね。

 

その場合、ストレッチなどをして気分を変えてしまうことが重要であります。

 

血流をよくする、室内でできる簡単ヨガ

 

血液は心身ともに健康でいるために大きな役割を担っています。血流がよくないと、腰痛や肩こりの他、肌荒れや冷え性、高血圧や疲労感などの原因にもなります。血の巡りをよくするには、バランスのいい食生活を心掛けたりストレスをためないようにすることは基本中の基本ですが、ヨガのポーズにも血流改善に効果的です。

 

血流をよくするヨガのポーズはいくつかありますが、簡単にできるものを3つご紹介します。

 

まず1つ目に、アド・ムカ・シュヴァナアーサナとも言われる、ダウンドッグのポーズ(下向きの犬のポーズ)です。
まず、両ひざが腰の下にくるようにして、肩よりも前方に手のひらを広げて両手をつき、下を向いて四つん這いになります。大きく息を吐きながらひざを床からあげて脚を伸ばます。この時、つま先を立ててお尻を突き出すようにします。体と床で三角形を作るようなイメージです。

 

2つ目は、アルダ・マッチェンドラアーサナとも言われる、ねじりのポーズ(半分の魚の王のポーズ)です。
まず、肩の力を抜き、脚を伸ばしてリラックスして座ります。右ひざを立て、右手を体の後方につきながら左手をまっすぐ上に挙げます。左ひじを曲げて、立てた右ひざの外側におき、ゆっくり上体を右へねじり、ゆっくりと呼吸をします。左ひざを立て、逆方向も同じように行います。

 

3つ目は、マールジャーラ・アーサナとも言われる、猫のポーズです。
まず、手のひらが肩の真下になるように四つん這いになって両手をつきます。この時、ひざも腰の下あたりにつくようにしてください。下を向いた状態でおへそを見るように、大きく息を吸いながら背中を丸めます。次に、天井を見るように、大きく息を吐きながら背中を反らせ、お尻を突き上げます。この背中を丸めるのと反らせるのを呼吸とともにゆっくり繰り返します。

 

以上3つの簡単なヨガのポーズは、室内ですぐできて血の巡りをよくする働きがあります。起床後のスッキリしたい時や午後のリラックスした時間など、ライフスタイルに合わせて無理なく取り入れることをおすすめします。

 

地震によるめまいが起き人は長い時間めまいが続かないことや、地震が起きてもめまいが起こらないことがあるのが特徴の様です。
これらが本当に病気からくるめまいとは違うところですね。

 

しかし短時間だろうが、たまにおきるめまいでも本人にしか分らない不安や辛さもあります。内に秘めてばかりではストレスを増加してしまいますので
おしゃべりや運動で発散すると、軽減されるので行動を起こしましょう。

今月のアクセス数NO.1記事



めまいに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
めまい治療でのサプリ療法
日々のめまいにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛いめまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

地震の影響によるめまい関連ページ

星が飛ぶめまいでふらつきがあったら要注意
めまいを起こす病気は様々ありますが、星が飛ぶような症状が起こる場合、脳の血流が悪化している可能性があります。これにふらつきがあったら要注意、できるだけ早く脳神経外科で詳しい診療を受けたほうがいいでしょう。
眼精疲労によるめまいについて
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
処方されたメルカゾールが体に合わない場合もある
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
健康診断の採血のときに、めまいがする
健康診断を、苦手だなぁと思う人は結構多いと思います。 「様々な検査が面倒」「前日の夕飯は早めに済ませて朝食は抜く」など。 そういった手順を踏むのを億劫に感じてついつい足が遠のいてしまうのではないでしょうか。
めまいに襲われて意識を失うことになって転倒すれば
めまいにより意識を失うと転倒の危険性があります。倒れた時に掴まれなかったり高所から転落すると、頭を強打して意識不明や出血等の命に関わる事態になる危険性があります。職場でこの危険を防ぐには、複数の人間を配置して異常時に対処する必要があります。
めまいと胃痛を伴う事が特徴的な胃潰瘍
胃潰瘍の自覚症状として特徴的なものはめまいと胃痛ですが、それらを感じない場合もあります。その他の症状としては腹痛、吐血や下血等がありますが、貧血、血圧が大幅に低下する、意識がはっきりしない状態にもなると重症化している恐れがあります。
運動不足が原因でおこるめまいや冷や汗の症状
運動不足の状態が長く続くと、心臓が急な動きに対応できず、素早く酸素を全身に送りこむことができなくなります。その為少しの疲労などで、めまい、冷や汗の症状が出ることがあります。日頃から意識して体を動かす習慣をつけることが大切です。
動けない、または長時間続くめまいから分かる病気
長時間続いたり動けないほどに重いめまいは疾患が原因になっている可能性があります。代表的なものは「メニエール病」と「前庭神経炎」です。ともに突発的に起こり、数日から1週間も症状が続くなど類似点は多いですが、耳鳴りの有無で区別がつきます。
回転性のくらくらするめまいについて
くらくらして立っていられなくなる回転性のめまいは、横になって目をつぶると治まります。改善の為には、ストレスを発散したり、睡眠を7時間以上とったり、鉄分やミネラルや緑黄色野菜を採りましょう。汗や頻脈が同時に起こる場合は病気の可能性があります。
首が痛い肩こりからめまいの症状が出る
首が痛いという症状は肩こりがひどくなり慢性化してきていることで起こります。ストレッチやマッサージなどで痛みは治まりますが、放置していると頭痛やめまいが起こることがあります。元を正して改善させるようにする必要があります。
血圧が高いとめまいを起こしやすい
めまいの原因として血圧が高いことが最初に疑われます。これは、血管に過度な負荷がかかった結果、血管が詰まりやすくなり脳梗塞などを起こすからです。自覚症状が少なくても、脳の血管が詰まる、隠れ脳梗塞が高齢者に増えています。
食べ物やコーヒーなどの飲み物がめまいの原因に
毎日の食生活の中で、めまいを起こしやすい食べ物や飲み物があります。コーヒーは飲みすぎるとカフェインを過剰に摂取してしまうことになります。そうすると副交感神経などが正常に働かなくなってしまいそのような症状を引き起こしてしまいます。
子どもがなる中耳炎が原因のめまい
子どもの中耳炎はありふれた病気のひとつです。めまいや耳鳴り、吐き気など症状を引き起こしますが自然治癒される方が多く放置してしまう方も多いでしょう。しかし症状が悪化した場合、聴力に重大な影響を及ぼす危険性があるので、やはり病院に行くべきです。
ほてりや頭痛を伴うめまいについて
めまいには数々の原因がありますが、その大半が耳の病気であると言われていますが、脳を原因としたものも存在します。もし、ほてりや頭痛を伴っている場合は、更年期障害の疑いも見られます。同サイトでは、これらの症状の概要について説明されています。
めまいや吐き気などを伴うメニエール病
進行性の難病として有名なメニエール病は一般的に内耳の異常から生じるとされており、難聴や耳が塞がったような感覚の他にめまいや吐き気を誘発します。大抵は手術の必要もなく薬で対応する疾患ですが、気づかない間に進行している事も多いので要注意です。
眼圧の異常やめまいが予兆となる脳梗塞と眼病
めまいが予兆となる病気の一つに脳梗塞があります。この病気は血管がつまる病気です。予兆の段階では血管が狭くなっており、血流が悪いために症状が起こります。また緑内障という眼圧が高くなる病気の予兆でも起こる場合があります。
耳鳴りや吐き気を伴うめまいについて
めまいは、主に耳鳴りや耳の閉塞感や吐き気等を伴う回転性の症状があります。寝不足と栄養失調、心身疲労や加齢やストレスや、メニエール病等が原因で発症します。治療は、体を安静にして規則正しい生活をすることや、食生活の改善や医師の診察が効果的です。
生理時のめまいは鉄欠乏性貧血かも
生理の時にめまいを起こす場合は、貧血が原因であることが多いです。血中の鉄分が不足しているため引き起こされる症状です。特徴としては、すぐに動悸が激しくなったり息切れがしたり、脈拍が高くなってしまうことがあります。
吐き気を伴う、一瞬でも激しいめまいについて
命の危険はないものの一瞬に強いふらつきと吐き気が起こる病気があります。それは良性発作性頭位めまい症という病気です。この病気は三半規管に耳石が入り込むことによって起こる病気です。手術や薬、適度な運動などで治療します。
空腹で血糖値が下がる時に起こるめまい
空腹状態時には、血糖値が下がることによりめまいが生じることがあります。これは、食べ物を摂取する必要があることを示すサインです。もし頻繁に発生する場合は低血糖症が疑われます。病院へ行って適切な検査を受けましょう。
めまいなどを伴う糖尿病の症状
意外に思われるかもしれませんが、生活習慣の乱れや運動不足などによる糖尿病の症状の中にめまいが含まれる場合があります。初期の状態で気が付かずに放っておくと、意識障害や昏睡状態を引き起こす可能性もあるのです。
パニック障害でパキシルを服用したことで起こるめまいの症状
パニック障害に良く効き、依存症にもなりにくい薬として許可されたパキシルですが、体質によっては副作用を起こすことがあります。またその症状に危険を感じて飲むのを止めると、離脱症状としてめまいなどが起こることもあります。服用の際は注意が必要です。
自律神経の乱れはめまいや全身倦怠感を引き起こします
自律神経が乱れると、めまいが長く続いたり、不眠や多汗、冷え性、頭痛など様々な身体的な弊害が表れ、そのために疲れが取れず全身倦怠感にも繋がりやすくなります。対策としては、規則正しい生活を心がけるようにすることです。
吐き気や頭痛をともなうめまい
吐き気や頭痛を伴うめまいの原因は自律神経の乱れやストレスのことが多いです。これらが原因で脳幹に異状が出ることによって体の平衡を保てなくなるのです。日常生活の改善が重要で、規則正しい生活やストレスの軽減が必要です。
市販薬の副作用でめまいが起きる場合がある
市販薬を飲む前には、副作用について良く理解しておく必要があります。例えば、薬を飲んだ後にめまいの危険性があるようなものは、高所で仕事をする人などには大変危険です。そのほか、眠気をもよおす薬もあるので注意が必要です。
動悸やめまいを伴う胸痛の症状
めまいを生じたとき、それにともなって動悸や胸痛がある場合は、心臓の異常により血液の循環が悪くなった結果、脳に送られる血液が足りなくなったため生じている可能性があり、不安があれば心臓・循環器系の専門医に相談することをおすすめします。
飛行機に乗っているような浮遊感を伴うめまい
めまいの症状には様々なものがあり、その一つに飛行機に乗っているような浮遊感を伴うものがあります。これは脳の血液循環不全が主な原因ですが、この際に手足の痺れなどを感じる場合は脳出血のおそれがあるため、即座に専門医の診察を受ける必要があります。
朝、起き上がる時にめまいを覚えるという場合には
めまいの症状が起こりやすい状況の一つとして、朝起き上がる時があります。この症状は比較的経度のもので、原因としては日々の生活で溜まった疲れやストレスなどが原因として考えられますが、症状が毎日起こる場合には専門医の診断を受ける必要があります。
めまいからわかる体の症状:うつとストレス
めまいの原因の約50%はストレスなど心因性のものが原因とされています。不安感や心の不調が原因の場合、放っておくとうつ病などの他の症状を発症する危険性もあるので注意が必要です。不安な点がある場合、心療内科などで適切な治療を行う必要があります。
運動中の脳出血によるおこるめまい
運動中にめまいが生じた際には注意が必要で、汗による脱水症状で血液濃度が濃くなり、血栓ができやすい状態になっている点を考慮する事が大切です。血管に強い圧力が掛かると破れて出血に及ぶ場合が考えられ、脳出血などの危険な疾患を誘発します。
高血圧で起こる吐き気やめまいの症状
高血圧はほとんど自覚症状がないまま進行して、脳卒中など重大な病気に繋がりがちです。血圧が高いと体に起こる症状として、長く続く頭痛や肩こりに加え、めまいや吐き気があるので、これらの症状に気づいたら放置せずに病院にかかることが大切です。
起立性低血圧症の症状 めまい、喉の乾きなど
起立性低血圧というのは座っていた状態から立ち上がったときに起こる症状です。この原因は頭の位置が高くなることで血流が少なくなるためです。めまいや喉の乾きなどの症状があります。高齢者ほど起こりやすく、水分不足、自律神経などが原因となります。
お風呂でのめまい、眠気に注意
お風呂でめまいや眠気が起こりやすいのは、お湯に浸かることによって体が温められ、血管が拡張するのが原因です。血管が拡張された状態が長く続くと、血液は重力の影響を受けて下半身に集まってしまい、それが脳貧血と呼ばれる症状を引き起こします。
めまい・頭痛・動悸がもたらす体のサインとは?
めまいと同時に頭痛や動悸を伴う症状が現れる時は、自律神経の乱れが原因の場合があります。自律神経は心身の疲労・ストレス、ホルモンバランス、気温の変化など様々なことが原因になって起こります。病院の検査では異常なしとされることが多い疾病です。
低血圧、三半規管等でのめまい症状
内耳には三半規管という平衡感覚を保つ期間がありますが、その異状によってめまいが起こることがあります。またショックなことがあったり、強いストレスによって低血圧となり、脳の血流が低下することで起こる場合もあります。
平衡感覚がなくなりめまいが起きやすい更年期
更年期になるとホルモンバランスが崩れてきます。そのことで自律神経が過剰に興奮し、平衡感覚が悪くなり、めまいを感じる現象が起きます。また自律神経が不安定になると血圧も不安定になり血流が安定しないために起こる場合もあります。
めまいを感じる甲状腺の病気。冷や汗の時もご注意。
甲状腺は全身の代謝をコントロールするホルモンを分泌する器官になります。この機能が低下すると全身の代謝が低下するために、めまいなどの症状が起こります。逆に亢進すると、頻脈や手の震え、体重減少、冷や汗などの症状が起こります。
扁桃腺などで高熱が出たときに起こるめまい
通常では熱とめまいには因果関係はありません。しかし、インフルエンザや扁桃腺のウィルスが前庭神経に入り込むと三半規管を刺激して起こる場合があります。また長時間の高熱で長く臥床しているとバランス機能が低下しふらつくことがあります。
産後のめまいや吐き気の症状の原因
産後は出血により体内の血液が不足している状態です。また出産によるダメージやホルモンバランスの乱れも見られます。それらが原因となってめまいや吐き気が起こる場合があります。そのような場合は産婦人科へ相談してみるのがいいです。
メニエール病の注意すべき食品と飲み物
メニエール病と診断された方、再発しないために注意する食品やたべものは何でしょうか? ご紹介いたします。
「めまいがする」そんな声が増えているけど何故?
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
脱水症状としてのめまい
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
低血圧と貧血の違い
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
後頭部がひっぱられる違和感とめまい
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
朝のめまいを、体の状態から考える。
朝のめまいに悩まれている方は結構多く感じます。 主婦であれ、ビジネスマンであれ、朝をゆっくり迎えられる方は少ないのではないでしょうか? 朝にめまいが頻発する、という方は、自分の体が朝、通常どのような状態なのか知ってみましょう。
首筋の筋肉の緊張(肩こり)による、めまい
今の時代は事務、仕事も多くなりましたね。パソコンの前に張り付いてばかりで同じ姿勢の時間が多い方もいらっしゃると思います。実は30〜50歳代までの年齢層のふわふわ感のあるめまい・頭重感の原因の多くは、肩こりなどの筋肉の緊張が原因の可能性があります。
妊娠初期にあるめまいはつわりなのか?
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
音が聞こえる仕組みとめまいの関連性
人間の耳は、音を集めて送る外耳、音を強める中耳、脳に送る内耳の3つの構造から成り立っています。
VDT症候群って知っていますか?
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
スマホ依存症によるめまい
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
冬に起こりやすいめまいと寒さによる気温差の変化
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
冬:インフルエンザによるめまい
インフルエンザの症状のひとつにめまいがあります。特に高熱後にめまいを感じることがあります。
リンパマッサージによるめまいの緩和
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
花粉症とめまい
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
くしょみによるめまい
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。
脱水症状によるめまい
めまい、立ちくらみ、耳鳴りは誰にでも経験のある健康被害でしょう。疲れている状態であれば健康な人であっても体験できます。 しかしこの症状は自律神経や三半規管等の体の部分に関係があります。症状が重複していた場合病院で診断してもらう目安になります。

今月のアクセス数NO.1記事



めまいに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
めまい治療でのサプリ療法
日々のめまいにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛いめまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加