動悸やめまいを伴う胸痛の症状

動悸やめまいを伴う胸痛の症状

一般的な動悸という症状は、心臓の脈拍が通常ではなく、何らかの異変を感じるものです。その為、この脈拍の異常を自覚した際には、心臓の異常を疑う事が必要になり、専門的な診療科で診察を受ける事が不可欠なのです。この脈拍の異常が起因するものとしては、心臓の病気があります。

 

その中でも心筋炎は代表的なもので、心臓の筋肉が細菌などに感染し、筋肉が炎症を起こしてしまった状態です。この疾患では発熱などの風邪に類似した症状を自覚する事が多いのですが、症状が悪化すると脈が速くなってめまいがしたり、胸痛を伴うこともあります。

 

又、心臓が原因でめまいを伴う疾患としては、心臓の弁の不具合があり、この弁の機能がスムーズに働かなくなり、血液の循環に影響を及ぼす病気があります。この疾患は初期段階では目立つ症状が無いのですが、めまいを伴う事に加え、息切れがおこり、症状が進行するにつれて呼吸困難などの症状が顕著になる事が知られています。
そして、脈拍が通常よりも速い症状は頻脈として知られており、通常の運動や過度な緊張で、この頻脈がおこります。この症状では突発的に脈が速くなってしまう事が多く、場合によっては失神することもありますので、注意が必要になるのです。

 

又、脈の異常としては脈拍が抜けるという症状もあり、通常は一定のリズムの脈拍が、急に変化してしまうように感じることがあります。これは不整脈の一種で、脈抜けの頻度が高くなるとめまいの症状が酷くなり、胸痛なども発症することもありますので注意が必要になります。

 

又、心不全などが原因の場合は、呼吸困難などの症状を伴う事がありますので、これらの症状を自覚した際には、早急に医療機関を受診する事が必要になるのです。そして、脈のリズムが乱れることでもめまいが発生します。この症状は脈拍のリズムが不規則なため、動悸や胸部の異常を伴うもので、呼吸困難になることもありますので注意が必要なのです。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。