産後のめまいや吐き気の症状の原因

産後のめまいや吐き気の症状の原因

この出産の後の特定の時期には、めまいや動悸に加え、吐き気など様々な症状が出てくることがあります。

 

実際に聞いたお声の中には
「産後4週間、めまい、吐き気があって、まるでつわりのよう」
「病院で血液検査をしても異常なしで困っています」
というコメントをお聞きしています。

 

これはどうしてなのでしょうか?

 

ホルモンバランスが元に戻っていない状態です

俗にいう「産後の戻りが悪い」状態です。赤ちゃんという人一人を産んで、頑張った体が元の状態に戻るには個人差があります。
また血液を大漁に失ったことで、ヘモグロビンや鉄分も不足状態です。

 

しかし、これらの原因というのは、病院の先生から聞いていたりして、実際の対処が薬の服用、というのが現状の方がほとんどでした。
産後で弱っている体に薬はちょっと…と口籠る方もいらっしゃいました。

 

ここでは吐き気やめまいを改善するために、2つの対処をご紹介します。

 

対処その① 漢方薬での改善

吐き気に対して有効な漢方薬が市販でも販売されています。

 

■五苓散(ごれいさん)…吐き気に対して有効で、胃から胃酸がこみ上げてくる吐き気用途されています。

 

■加味帰脾湯(カミキヒトウ)…こちらはストレス性に対する胃腸の不具合によく処方されます。めまいの緩和にも効果あり。

 

この二つは飲み合わせても大丈夫ですので、産後のめまい、吐き気の方におすすめしています。

 

対処その② サプリメント療法での改善

漢方薬は効くけど高い…という方には、カウンセラーがオススメするサプリメントがあります。

 

ホルモンバランスが戻っていないことから、自律神経が乱れてしまっている方に対して自律神経を整える栄養素を豊富に含んでいるサプリメントをご紹介しています。

 

おすすめしているすべて食品はメンタルカウンセラーの私も食べ、各会社にも添加物の有無の確認の電話もしている栄養補助食品です。
添加物などを使用していない安心なものを、さらに少しでも手の届きやすい価格帯のものを厳選しています。

 

その1つが「にんにく玉ゴールド」と呼ばれるにんにく卵黄のサプリメントです。
九州の地に根付く滋養食で、このサプリメントには自律神経の切り替えるための栄養「ビタミンB1」の強化版「アリチアミン」が豊富に含まれています。
ビタミンB1 は水溶性ですぐに尿として排出されますが、アリチアミンは油溶性で体の中に長く留まることが特徴です。
体の中に栄養が長く留まることは、自律神経の切り替えの手助けも通常のビタミンB1 より行ってくれます。

 

詳細はコチラ。

 

もし産後1年以上経過しても、めまいや頭痛などの体調不良が続くという方の場合は、専門的な医療機関を受診して詳しい検査が必要になります。一般的なめまいの場合には、耳鼻科を受診して専門的な検査を受けますが、産後の場合には通常の耳鼻科では原因が把握できないことが多いので、専門的な診療科を受診する必要があります。

 

アンケート結果発表「めまいが起こるのはどんな時?」 予防アイテムでめまいを脱出

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。