めまいを感じる甲状腺の病気。冷や汗の時もご注意。

めまいを感じる甲状腺の病気。冷や汗の時もご注意。

甲状腺とめまいに関して、クライアントの方の体験談があります。

 

>>甲状腺の病気についてはコチラ

 

【20代後半 主婦英津子さん(仮名)の体験談】

春先に、グルグルとひどい回転性のめまいと吐き気…家事も半端にして内科行ったんです。色々病院で検査してみた結果、「甲状腺機能こう進症」と判断されました。

 

振り返ると自覚症状もあって、体重は減ってラッキーくらいに考えてたんですが、めまい、不安感、などもありました。

 

その後一年ほど、薬(メルカゾール)を服用し、通院した結果、数値も正常値になり通院が減りました。

 

数値はいいのですが、たまに動悸や運動時の不整脈、頻脈があります。
めまいのほうは、時々出でているんですが、軽い症状なのと通院と薬をもらうのが億劫です。私も子供がほしいのでもう薬を使って自分の体を弄りたくはありません。

 

なにかよい方法があったら教えてほしいです。

 

長い通院生活、大変だと思います。

 

甲状腺の病気はめまいを伴う、病気の一つとして数えられています。

 

微量であれ、数値が変動している時期は、自律神経も不安定になるので、精神的・肉体的にも様々な症状がでやすいのだと判断しました。

 

普通であれば、病院での処方もおすすめしていますが、英津子さんの場合は長い通院と消えていく薬代に辟易しているご様子。

 

自律神経失調症からくる症状だと、甲状腺とはまた違った外来にいかなければなりません。

 

自律神経の不安定さからくるめまいや不調であれば私がおすすめしているのは「にんにく玉」です。
にんにく卵黄を煮込んで丸め、乾かした不格好な形をした九州の滋養食です。
これには自律神経の切り替えるための栄養「ビタミンB1」の強化版「アリチアミン」が豊富に含まれています。

 

ビタミンB1 は水溶性ですぐに尿として排出されますが、アリチアミンは油溶性で体の中に長く留まることが特徴です。
体の中に栄養が長く留まることは、自律神経の切り替えの手助けも通常のビタミンB1 より行ってくれます。また、完全ににんにくと卵黄しか使ってないので、料理に使用することもできます。

 

詳細はコチラ。

 

英津子さんにもお試しをオススメし、相性が良かったようで、現在飲みつづけて、めまいの回復をみせました。

 

甲状腺の病気について

自分の視界がぐるぐると回っているように感じる、立ちくらみのような症状がいきなり襲ってきて立っていられなくなるなどの症状。

 

この症状があまりにも頻発するようなのであれば、それは何かの病気を疑うべきといえるでしょう。
めまいを伴う病気として、特に注意をしなくてはならないのが、上でも書いてある甲状腺の病気です。

 

甲状腺は身体全体の新陳代謝を促進するホルモンを分泌する役割を持つ器官であり、非常に重要なものです。

 

この器官は男性で言う「のどぼとけ」がある場所の左右に一つずつあり、その大きさは親指ほどの小さな器官です。

 

この器官には様々な不調が起こることがありますが、なかでもめまいを伴う病気が「甲状腺機能低下症」とよばれる病気です。

 

この病気においては分泌されるホルモンのバランスが崩れてしまうことからホルモンが不足し、新陳代謝が衰えることとなります。

 

新陳代謝の衰えは身体の各部位の機能低下に繋がり、便秘や声のしわがれ、白髪の増加といった症状が主として引き起こされます。

 

この機能低下は脳にも引き起こされることがあり、脳の機能が低下した結果、めまいが発生することとなるのです。

 

この病気においては貧脈や手の震え、体重減少や冷や汗といった症状が出ます。この病気が放置された場合は、貧脈によって心室細動など不整脈が発生しやすくなります。
分泌されるホルモンの量が過剰になってしまい、めまいとは関係の無い症状もでるのです。

 

この病気を放置していると、コレステロールが増加して動脈硬化が悪化、その後に心筋梗塞や脳梗塞といった病気が発生するリスクが高まることとなりますから、早期発見と早期治療が重要になります。

 

酷くなると心不全を引き起こすこともある、大変恐ろしい病気です。もしここまでにあげた症状に心当たりがあるという場合は、なるべく時間を作り、大きな病院を受診するべきといえるでしょう。

 

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。