平衡感覚がなくなりめまいが起きやすい更年期

平衡感覚がなくなりめまいが起きやすい更年期

更年期には様々な症状が現れます。ホルモンは自律神経を安定させる働きがありますが、更年期でホルモンのバランスが崩れると、自律神経もバランスを崩してしまいます。

 

自律神経が乱れると平衡感覚がなくなってしまい、ふらふらしたり目が回るという現象が現れます。

 

この時のめまいには回転性と浮遊性の2種類があります。

 

また自律神経が乱れていると、血圧も安定しないのです。高血圧になったり低血圧になったりして、脳に届く血液の量も不安定になり、めまいという現象が起こってきます。

 

めまいが起こると立っていられなくなったり、吐き気を催したりすることもあります。なにか悪い病気でもないかと不安にもなりますが、更年期の時期に当てはまり、脳や耳に異常がない場合は更年期障害の一つだということが言えます。

 

めまいの症状が出てつらくなったときは安静にしておくとよいでしょう。

 

ホルモンのバランスが崩れ自律神経に影響をしてくると、めまい以外にも様々な症状が出てきます。

 

頭痛や肩こり、冷え、のぼせ、動悸、しびれ感などの身体的症状のほか、イライラしたり、不安感が襲ってきたりという精神的な症状も現れます。

 

これらの症状は、卵巣機能の低下によって、エストロゲンという女性ホルモン「卵胞ホルモン」の分泌量が減ってくることに原因があります。そして逆に脳下垂体からエストロゲンの分泌を促す卵胞刺激ホルモンが多く分泌されるようになります。更年期はそれらのホルモンのバランスが良くないという状態なのです。

 

エストロゲンは身体的にも精神的にも安定させる働きがあります。そのホルモンの分泌が減少してきているので、身体的にも精神的に不安定になってしまうという時期なのです。このような症状は個人差がありますが、閉経の前後10年くらいの間です。症状がひどい時は婦人科で症状を和らげる薬を処方してもらうといいでしょう。

 

また栄養バランスを考え、適度に運動もすることが大切です。ストレスや疲れをためると症状が悪化しやすいので、適度に休養もしながら、ストレスや疲れをためないようにすることも大切です。


●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。