高血圧で起こる吐き気やめまいの症状

高血圧で起こる吐き気やめまいの症状

血圧の変化による吐き気やめまいの症状があります。
血圧が高いからといって、すぐに血圧を下げる薬を服用するのは危険です。

 

アンケート結果発表「めまいが起こるのはどんな時?」 予防アイテムでめまいを脱出

 

高血圧は、自覚症状がほとんどないのが特徴ですが、放っておくと動脈硬化がどんどん進行し、ある日突然、脳卒中や心筋梗塞、糖尿病などの大きな病気を引き起こしてしまいかねない恐ろしいものです。

 

そのため、なんらかの不調を見過ごさないようにすることが重要なのですが、高血圧で起こり得る症状は日常的に起こりやすい症状であることが多いため見過ごしてしまいやすいという厄介な問題があります。

 

この問題を解消するためには、血圧が高い状態が続くことによって体にどのような影響が出てくるのかを知っておくことです。まず見過ごされやすい症状として肩こりや頭痛などがあります。

 

これらは疲労やストレスなどでも出ることのある症状ですので高血圧を疑う人は少ないかもしれませんが、長く続いたり、症状が悪化していくようであれば、一度病院で診察を受けた方がよいでしょう。

 

またその他の症状として現れやすいのが吐き気やめまいです。

 

前述した症状から引き続いてこうした症状が出た場合は、高血圧によって動脈硬化が進んでいる可能性が高いといえます。

 

吐き気をもたらす原因は、脳の血液循環を一定に保つ機能に異常が生じることです。

 

そのため、脳内の圧力が高まってしまい嘔吐中枢神経が刺激されます。

 

この状態を放っておくと、脳出血や脳梗塞、脳に水が溜まる脳浮腫や意識障害など命に関わる脳疾患を引き起こすことがあり大変危険といえるでしょう。

 

そして、めまいですが、これは耳の中にある三半規管への血流が不足することが原因で起こります。

 

三半規管は平衡感覚を保つ器官ですので、ここに流れる血液が不足すると平衡感覚が失われ、めまいを引き起こすのです。

 

また脳の内部での血液状態の異常からもめまいは引き起こされると考えられています。高血圧はサイレント・キラーとも呼ばれるほど静かに進行していくものですが、吐き気やめまいといった症状が現れた時には放置せずに病院で診察を受けることで最悪の事態を回避することは可能です。

 

また日頃から血圧を測定するなど健康管理を行い、不調を見過ごさないように気を付けることが大切です。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。