運動中の脳出血によるおこるめまい

運動中の脳出血によるおこるめまい

脳出血とは脳内にある血管が何らかの原因で破れることにより脳内で出血を起こす疾患の総称をさします。その原因としては血圧の上昇によって血管が破れたり、また、血管にこぶができている部分に負担がかかるために破れたりすることがあります。

 

症状として見られるものには言葉が思うように出なかったりやめまいや嘔吐が症状として見られます。これらの症状は日常でも起こりうるものであり運動中などに血圧が急激に上昇することで脳内の血管に負担がかかると出血が起こることがあります。健康診断などで肥満を指摘されそれに伴う高血圧などを指摘されている人はやせようとして急激な運動を行うことには注意が必要です。

 

高血圧というリスクを持っている上に動脈が硬くなり柔軟性を失う動脈硬化などが起こっていると運動中の血圧上昇により柔軟性を失った血管に負担がかかることで血管が切れてしまいます。脳の出血の部位によってめまいの種類も異なります。特に小脳という平衡感覚をつかさどる脳の部分で出血を起こすとたっていられないぐらいの回転性のめまいとそれに伴い吐き気、嘔吐を起こします。

 

大脳皮質で出血を起こしているとゆれるような比較的軽度なめまいを起こすことがあります。さらに、脳幹という人間の生命をつかさどる部分で出血がおこると命にかかわる場合があります。逆に運動中の脱水症状によって脳梗塞を起こす場合にもめまいを起こす可能性があります。運動によって汗をかいて水分をしっかり補充していなかったら血液の濃度が濃くなり血栓が生じやすい状態になります。それによって脳の細い血管が閉塞を起こすことによって脳梗塞を起こします。

 

最初は暑さなどでめまいを起こしているのかと思っていたらめまいが改善せずMRIを撮影してみると脳梗塞を起こしていたなどという症例もあります。脳梗塞や脳出血などは初期治療が重要であり脳卒中の症状として見られる言葉が出にくい、めまいがする、嘔吐を起こしたなどの症状が見られた場合は早期に救急要請を行う必要があります。


●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。