朝、起き上がる時にめまいを覚えるという場合には

朝、起き上がる時にめまいを覚えるという場合には

 

血圧は日々、変動しています。ずっと低血圧だった人が測っていない数ヶ月後、高血圧になっていた事例もあります。
朝、起き上がる時にめまいを覚えた、という経験をしたことのある人に考えられる原因は

 

①自律神経の切り替えによる副作用
②起立性低血圧症
③病気などの可能性

 

以上が考えられます。めまいという症状は、その原因が特定しにくいことが特徴です。

 

自律神経の切り替えによる体の不具合

朝起き上がるときにめまいが起こるのは、血圧と血流が深く関係しています。その血圧・血流の収縮を司るのが「自律神経」です。

 

この自律神経の切り替わりが、ストレスなどによって阻害されていると、朝起きるときや日中にもめまいが起こります。  

 

これは自律神経を動かすための栄養が足りないので、「サプリメント療法」おすすめしています。

 

もちろん、一番はストレスを無くすことです。しかし、ストレスを無くすことは自発的には難しいもの。
自分の中のストレスに打ち勝つ、ストレス抵抗性をあげることにより、めまいを回復していった人も少なくありません。

 

 

朝のめまいの原因 起立性低血圧症

これは急に立ち上がった時に起こる症状として、ふらつき、立ちくらみがある症状です。朝、ずっと横になった状態から、ぱっと起き上がると、体の中の血圧が急激にかわり維持できず、一時的に血液が下肢に溜まってしまうことで、脳の血流不足が起きることが原因です。

 

この方は朝起きる際に、なるべくゆっくりとした動作で、血管が収縮するための時間をとると、めまいが緩和されます。また血圧を戻すだけの栄養が不足しているので、食生活を見直すことも大切です。

 

また二日酔いの次の日、めまいがする場合、疲労やストレスがたまってしまって、身体が衰弱していて、酸欠のような状態になってしまっています。

 

 

その他の病気の可能性

もちろん、しょっちゅうこんなことが起きるようでは、明らかに身体に異常が生じているので、即急に医師の診断を受ける必要があります。
耳鼻科、もしくは脳神経外科、人間ドックなど早めに来院して自分の状態を確認して下さい。
体に異常がないという場合、ほとんどの方がストレスによる「自律神経失調症」といえます。

 

朝起き上がるときのめまい まとめ

朝、起き上がるときのめまいは、「ほんのたまにそんなことがある」いうくらいの人が、結構いらっしゃいます。

 

めまいの症状としてはさほど重い部類の方は病院へ診察を進めますが、軽度であっても、不調を引き起こしているというい事は、身体が発している危険信号でもあります。その元になっていると考えられる疲労やストレスを取り除くように、処置を取らなければなりません。

 

食事の摂り方から来ていることもり、特に肉類ばかり摂って野菜や果物はほとんど食べない、といったようなビタミン不足となる偏食を続けていたような場合には、身体が酸欠状態になってしまって、朝、床から起き上がる時に、酸素不足からめまいが生じてしまう、場合もあるのです。

 

このように、軽度のめまいであるような場合には、その食生活が原因でそうした状態が発生してしまう、といったこともあるわけですので、たまにでもそのような症状が発生することのある人は、その食生活のあり方を点検してみる必要があるでしょう。

 

>>天然素材でスッと立てる生活を

 

 

アンケート結果発表「めまいが起こるのはどんな時?」 予防アイテムでめまいを脱出

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。