自律神経の乱れはめまいや全身倦怠感を引き起こします

自律神経の乱れはめまいや全身倦怠感を引き起こします

 

めまいがおこる原因は様々ですが、自律神経の乱れは大きく影響しています。一時的なめまいであれば貧血や疲労などが考えられますが、長くめまいが続くようであれば、身体の機能が正常に働かなくなっていることが考えられ、時には胃痛も併発します。

 

自律神経とは副交感神経と交感神経に分かれます。一日のなかで身体は副交感神経と交感神経によって支配されて働いています。心身を休息させるブレーキのような働きは副交感神経で、アクセルのように活発に活動させるのが交感神経です。

 

一日の中でリズムよく交互に身体を支配していますが、大まかには日中には交感神経が。夜間には副交感神経が優位になっています。

 

内臓や血管の働きを支配し呼吸や消化、体温、排せつ、ホルモンバランスを調節しています。自分の意思では支配することができなくて自動的に働いているのです。このリズムが乱れるということは身体の機能が正常に働かなくなってしまうのです。

 

夜に眠ることができなくなったり、暑くもないのに汗が噴き出てきたり、日中に眠たくなってしまったりという症状があり、そのほか慢性疲労、冷え性、頭痛、めまい、風邪をひきやすいなどの免疫力低下、女性であれば生理不順、便秘、下痢などの胃腸障害、落ち込みやすいなどの精神的症状などのまさに全身の症状が出ます。

 

疲れがなかなか取れないので全身倦怠感があることも多いのです。

 

自分で支配できず目に見えないものですし、幅広い症状を引き起こすので自律神経が原因であると気づきにくいものです。改善するには時間がかかりますが、根気よく改善対策をすることでめまいや他の症状も治まってきます。

 

対策としては、規則正しい生活を送ることが一番です。早寝早起き、適度な運動、決まった時間に栄養豊富な食事を摂取する、ストレスをためないようにするなどが大切です。

 

不眠の状態であっても部屋を真っ暗にして横になるだけでも心身を休めることができます。交感神経が働き過ぎの場合が多いので、意識的にゆったりと呼吸をするなど休息の時間をを作ることが大切です。

 

自律神経の乱れを整える食品などを積極的に取りましょう。

 

おすすめしているすべて食品はメンタルカウンセラーの私も食べ、各会社にも添加物の有無の確認の電話もしている栄養補助食品です。
添加物などを使用していない安心なものを、さらに少しでも手の届きやすい価格帯のものを厳選しています。

 

その1つが「にんにく玉ゴールド」と呼ばれるにんにく卵黄のサプリメントです。
九州の地に根付く滋養食で、このサプリメントには自律神経の切り替えるための栄養「ビタミンB1」の強化版「アリチアミン」が豊富に含まれています。
ビタミンB1 は水溶性ですぐに尿として排出されますが、アリチアミンは油溶性で体の中に長く留まることが特徴です。
体の中に栄養が長く留まることは、自律神経の切り替えの手助けも通常のビタミンB1 より行ってくれます。

 

詳細はコチラ。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。