めまいや吐き気などを伴うメニエール病

めまいや吐き気などを伴うメニエール病

メニエール病とは、内耳の疾患から発症する病気のことです。主な症状は、めまいや吐き気、耳鳴り、難聴、耳閉感などが挙げられます。メニエール病によって生じるめまいは、回転性のものであり、立っていられなくなるほどの激しいめまいが起こります。具体的に言うと、天井や壁、さらには自分がぐるぐると回ってみえるめまいのことです。
メニエール病の原因は、内耳のリンパが水ぶくれすることだと言われています。これにより、耳の中にある感覚器官が圧迫され、体のバランスが取れなくなり、こういった症状が現れるとされています。リンパ液によって、内耳に掛かる圧力が変化し、難聴が発症するとも言います。また、置かれている環境や精神的なストレスにも大きく影響されている、との見解もあります。

 

しかし、こういった症状があってもメニエール病だと診断されることは難しいです。めまいや難聴などといった症状は、ほかの病気にも比較的現れやすい症状とされ、例えば内耳炎や、貧血、自律神経失調症と診断される場合もあります。

 

また、この病気は厚生労働省による特定疾患に指定されており、難病だとも言われています。判断する基準は、数十分から数時間においてめまいが反復して起こり、耳鳴りや難聴、耳閉感といった症状がめまいと共に消長する、さらにめまいや吐き気などといった症状と伴う病気が検査によって除外された場合となります。

 

治療するには、薬で治療することが良いとされ、利尿剤など水ぶくれに効果のある薬や、血流を良くする薬などが処方されます。めまい止めや吐き気止めの薬や、ビタミン剤などもよく飲まれます。日常生活においては、減塩を行なった食事や、定期的な運動も効果があるとされます。一般的には手術などは必要無く、きちんとした治療を行なっていれば治る病気です。

 

ただし、メニエール病は進行性の病気でもあるので、気づかないうちに発症し進行しているという場合も多いです。めまいなどの初期症状が現れた際には、放っておかずに医師に診察してもらいましょう。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。