食べ物やコーヒーなどの飲み物がめまいの原因に

食べ物やコーヒーなどの飲み物がめまいの原因に

 

めまいの原因に日々の飲み物、例えばコーヒーなどが原因になることがあります。
それは何故なのでしょうか?

 

 

コーヒーを飲んでめまいが起こる方の原因

コーヒーを飲むと、ラテやカプチーノなど種類問わず、いつも後に目眩がする、と言われる方が時々いらっしゃいます。皆様の御存知の通りコーヒーに含まれる成分「カフェイン」の影響です。しかしカフェインはコーヒー以外にも含まれる、身近な成分です。

 

カフェインには以下の特徴が有ります。
■覚醒作用
■脳細動脈収縮作用
■利尿作用

 

カフェインはは適量に飲むと、良い作用をもたらすものです。
例えば偏頭痛ですが、血管が拡大して起こる偏頭痛に対して、血管収縮作用のあるコーヒーを1杯飲むことは鎮静効果を発揮します。
(※偏頭痛が自律神経やホルモンバランスからくるものなら、効果は期待できません)

 

コーヒーを飲んでめまいが起こる方は、その量がどれだけ少ないものであっても原因は「過剰摂取」です。

 

コーヒーは特に朝食などとしてコーヒーを飲むことが習慣になっていたり、仕事や勉強などの作業効率を上げるためや気分転換などとして一日何杯も飲んでいるという方もいらっしゃるので、知らず知らずのうちに、体の限度を超えているのです。

 

また、前述のとおりカフェインが含まれている食品・飲料はコーヒー以外にも存在します。

 

カフェインは過剰に摂取してしまうと、通常健康を保つために働いているはずの交感神経と副交感神経などの働きを妨げてしまう場合があり、自律神経が正常に働かなくなってしまうことによって、人によってはめまいなどの症状がでてしまいます。

 

コーヒーによるめまいを起こす方は、コーヒーから一旦離れると、すぐに症状が改善される人がほとんどです。
習慣ですぐにはやめられない人、コーヒーが飲みたい方は「ノンカフェインのコーヒー」を選択してみましょう。

 

コーヒーを絶ってもめまいが収まらない時は、自律神経の乱れが自然に戻っていない可能性があります。
自律神経を正常に動かすには、栄養素が必要不可欠です。無添加でクライアントさんにもオススメしている食品もご紹介しています。

 

アンケート結果発表「めまいが起こるのはどんな時?」 予防アイテムでめまいを脱出

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。