血圧が高いとめまいを起こしやすい

血圧が高いとめまいを起こしやすい

現代には様々な病気が存在しています。また病気の症状は年々複雑化し、1つの症状から病気を特定する事が難しくなってきています。近年では医療の発展により、様々な原因不明の症状を病気として特定する事ができるようになってきていますが、まだまだ原因不明の病は溢れる程に存在しています。

 

特にめまいなどの症状は病気を特定する為の症状としてはあまりにもありふれており、原因を特定する事が難しくなっています。めまいの場合はあらゆる病気や健康状態によって引き起こされます。まずめまいの原因として最初に疑われる病気や健康状態として、血圧が高い事が考えられます。

 

血圧が高いと過度に血管に負荷がかかってしまう為、血管の動脈硬化が進みやすくなってしまいます。動脈硬化が進むと血管がつまりやすくなり、脳梗塞などを発症してしまいます。その結果めまいや頭痛などの症状が一時的に発生するのです。

 

特に多いのが特に重大ではない脳梗塞です。これらの脳梗塞は隠れ脳梗塞と呼ばれており、ほとんどの場合が軽い症状が一時的に発生するだけの脳梗塞です。この隠れ脳梗塞は加齢と共に増加し、高齢の方々のほとんどが発症しています。

 

高齢の方の場合、隠れ脳梗塞があってもおかしくないとされていますが、若い世代の人が隠れ脳梗塞を発症していると治療が必要になります。脳梗塞を発症しているほとんどの人が肥満などの生活習慣病を発症しており、食生活の改善と運動療法が必要になります。

 

食生活の改善では野菜をたくさん摂取し、コレステロールや脂質を控えるようにします。運動療法では有酸素運動をおこなう事が求められています。無酸素運動は血管に圧力をかけてしまうので血圧の高い方は絶対におこなってはいけません。また低血圧も貧血でめまいを起こしてしまうと迷信が飛び交っていますが、低血圧と貧血はまったく関係性がありません。

 

貧血は鉄分不足によって引き起こされます。しかし、貧血もめまいを引き起こす原因となりますのでめまいなどの症状が現れた際は血液検査が必要になります。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。