目を酷使するとなる病気

目を酷使するとなる病気

 

現代人は、パソコンやスマートフォンやテレビなどよく目を酷使します。
目を酷使した場合に起こる病気は色々とありますが、代表的なものとしては、眼精疲労や老眼やドライアイがあります。眼精疲労は、目を使い過ぎる事で霞んで見えたり、充血したり、まぶしくなったりします。酷くなりますと、頭痛やめまいや吐き気、肩凝りなどが生じます。

 

眼精疲労は、多くの症状を引き起こし、緑内障や白内障が原因で起こったりしますので、原因の特定が大切になってきます。

 

目を酷使する事が原因で起こる眼精疲労の場合、目の使い方を工夫する事が重要です。
1時間使ったら、10分休めたり、お湯で温めたタオルを絞って目に置いたり、眼精疲労を改善するのに役立つ栄養素が含まれている栄養剤を服用したりします。
ドライアイは、瞬きの回数が減る事で涙が出なくなり、目の表面が傷つく症状です。

 

テレビやスマートフォンやパソコンなどを使った場合、瞬きの回数が減りますので、涙が出にくくなり、目の表面に均等に行き渡らなくなります。これを防ぐ為には、ドライアイ専用の目薬を使うのが有効です。また、眼精疲労の時の対策を使っても効果が期待出来ます。

 

 

最近では、若い世代に老眼の症状が出てきています。

 

一般的に、スマホ老眼と呼ばれており、休まずに、ずっとスマートフォンを見続ける事で老眼のような症状になります。
このスマホ老眼と呼ばれる症状は、毎日トレーニングをする事で症状を改善させる事が可能であり、ペンを片手で持って前方からゆっくりと近づけたり、遠ざけたりしながら、ペン先を追うように見る事で目のピント機能を取り戻せます。

 

眼球を左右に動かすような動きをさせるトレーニングを行えば、眼筋のバランスを調整する事が出来ます。眼筋のバランスやピント調整機能のバランスが崩れた時に、スマホ老眼の症状が現れてきます。

 

つまり、これらのバランスを取り戻す事がスマホ老眼の予防と症状改善となります。目を酷使する事は、体に様々な症状を引き起こす事になり、日常生活に支障を来します。

 

早めに症状を改善したり、症状が出ないように対策を施しておく事が重要です。目を酷使し、ドライアイやスマホ老眼などを放置しておきますと、将来、近視や乱視や遠視などになるリスクが高まってきます。

 

症状が酷く感じる場合には、眼科で診察を受けて治療をした方が効果的です。
目を酷使し過ぎない工夫を凝らす事が必要であり、早めの対策を行う事で酷い症状が出ないようになります。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。