回転性のくらくらするめまいについて

回転性のくらくらするめまいについて

 

人間はストレスを長く感じていたり、寝不足が続いていたり、食べ物に偏りが見られると体に様々な変調が見られたりするのです。代表的な変調に動悸やめまいがあるのです。特に回転性のめまいは多くの人が一度や二度は経験したことのある疾患であると言えるでしょう。

 

回転性のめまいは、くらくらして並行に真っ直ぐ歩けなくなり、次第に立っていることすら難しくなってきます。こうしためまいに襲われた時は、すぐさま横になり安静にしていることが大事です。目をつぶって横になっていると次第に回転はゆるやかになり、めまいは解消されていくのです。

 

しかし二度とこのようなめまいに教われないために、生活を見直し改善していくことが大切です。仕事のストレスをためこまず、うまく発散しストレス解消をする術を身につけるべきです。スポーツや料理など何かに没頭し仕事などを完全に忘れる時間を作ることも大事です。

 

また出来るだけ23時までに寝るようにし、ぐっすり最低7時間は睡眠をとりたいものです。そうすることで自律神経の乱れが整えられ、副交感神経が活性化し、めまいなどの疾患に襲われなくなります。また食事なども鉄分ミネラル、緑黄色野菜などを中心としたメニューを頂きたいものです。

 

レバーや牡蠣などは鉄分やミネラルを豊富に含み、めまいや貧血予防につながるのです。こうした食生活や生活全般を見直すことでほとんどめまいは改善されていきます。しかし慢性的にめまいが見られる場合は、病気である可能性が高いのです。

 

甲状腺亢進症など代謝機能が異常な場合に眩暈が見られる場合があります。この場合は多汗や喉の渇き、心拍数や頻脈などが同時に見られるので見極めが比較的簡単です。またメニエール病でも慢性的な眩暈が起こります。また高齢になると老化によって三半規管に異常をきたし、眩暈が頻繁に起こることもあるのです。こうした場合は早急に医師の診断を仰ぎ、治療を施すことが大事なのです。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。