脱水症状としてのめまい

脱水症状としてのめまい

 

夏の暑さが厳しい時期、クーラーの聞いた部屋の中にいると逆に冷たくて飲み物を摂取しない人が増えています。
それに加えて、外に出てしまえば、うだるような暑さが待っているのです。

 

汗を一気に掻いてしまうと、体中の水分が失われます。これが「脱水の状態」
水分がなくなるということは、血液の中の粘度が増加するのです。粘度が増加するということは、血流が滞ります。この血液の滞りが「めまい」を起こしているのです。

 

特にご年配のかたは「喉が渇く」という感覚が鈍くなります。それ故に脱水症状を起こしやすくなります。

 

この脱水は入浴や就寝後にも起こりやすいものです。
お風呂に入った後にめまいが起こりやすい、という方は脱水状態の可能性が高いですね。

 

 

脱水症状の時のめまいの対処

脱水症状によるめまいは、水を事前に飲むことで解消されます。

 

お風呂に入る前のコップ1杯・就寝前のコップ一杯で大分、変わってくるものです。
またオフロに入った後、起床後の一杯も効果的です。

 

飲み過ぎたあと…アルコールを分解するために水分を使いはたし、脱水状態になった身体に水をいれると疲れた胃腸の活動を促すので、体が目覚めるきっかけになります。

 

胃腸の活動を促すということは、眠っているときに働いている「副交感神経」体から「交感神経」への切り替わりも促します。自律神経のスイッチの切り替わりは、心因性のめまいにはとても効果があり、コップのお水でそれを解消できるなら、それに越したことはないですね。

それでもめまいがする…自律神経を切り替えるために

脱水症状だけでもめまいを起こすことはありますが、水を飲んだだけでも効果が無い方も確かにいます。

 

そんな人は、自律神経の切り替えが行われていないと予想されます。

 

眠っているときはリラックスしている状態ですので「副交感神経」のスイッチが入っています。起床に活動し、水を飲み、ごはんを食べることで通常、活動の時に切り替わる「交感神経」になるのですが、自律神経の切り替えが上手くいかない人は、活動しているにもかかわらずリラックス状態になっているので、とても体が不安定でダルくなります。

 

その為、神経伝達の不具合で「めまい」の症状が出るのです。

 

この自律神経のスイッチを切り替えるための栄養素が「ビタミンB1」なのですが、ビタミンB1は水に溶ける性質を持つために、早い段階で尿や汗として排出され、その力を発揮する前に無くなってしまいます。ですので、簡単に「ビタミンを含む食事をしてください」とはいえません。

 

カウンセラーがオススメしているのは、ビタミンB1と同じ作用をする「アリチアミン」という成分を豊富に含む「にんにく玉」という九州の滋養食です。このアリチアミンという成分は、ビタミンB1と同様に自律神経の切り替えを手助けし、さらに体の中に長くいることが出来る「油溶性(油に溶けやすい性質)」です。

 

ビタミンB1よりも長くいることができるので、自律神経にも働きやすく「めまい」を緩和される可能性を秘めています。

 

実際に、にんにく玉を飲んだクライアントさんにも好評です。

 

詳細はコチラ。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。