風邪症状から突発性難聴やめまい

風邪症状から突発性難聴やめまい

 

めまいや、風邪の症状には思わぬ病気が潜んでいることがあります。風邪は万病の元、休養を十分にとって早めに治すことです。風邪をこじらせると、耳の病気になることがあります。風邪がきっかけでなくても、最初は耳が少し変だなと思っていたら、どんどん聴こえにくくなってきて耳鼻科に行くということも多いようです。実はこれが難聴の前兆ということがあります。

 

突発性難聴は、片方の耳が詰まったようになったり、めまいがしたり、大きな耳鳴りがして、聴力が急に低下します。はっきりとした原因は解明されていませんが、多くはストレスが原因なのではないかといわれています。このような症状が出たときは、一刻も早く耳鼻科を受診し、聴力検査を受けなくてはなりません。

 

明らかに聴力が低下している場合は、すぐにステロイドによる治療が開始されます。突発性難聴は時間との勝負です。発症から7日以内に治療を開始しないと予後が悪くなると言われています。また、めまいがある場合は、めまいの検査も同時に行われることもあります。メニエール病でないかを調べるためです。

 

聴力、特に低音部の落ち方がひどい場合は、入院をして点滴による治療を行います。安静を保ち、音のない、ストレスのない環境を作ることで回復を早めます。治療開始が早ければ早いほど聴力の回復も早いのですが、たとえ治療開始が遅れてしまっても、必ず聴力は戻ることを信じましょう。

 

心配や焦りはストレスになりますので、体を休めるつもりで入院生活を送ることがよい結果につながります。聴力が戻っても、時にめまいだけがいつまでもしつこく残ってしまうことがあります。

 

しかし、これも焦らず、主治医の指示に従い、薬を飲みながら、生活の中でめまいの起きにくい姿勢や、体位変換方法をみつけていくことが大切です。めまいは頭の動きにも関係していますから、生活を見直し、工夫するうちに、必ず楽に過ごせる体勢がみつかり、症状も改善していくことでしょう。


●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。