ある種のめまいには漢方薬も効果的

ある種のめまいには漢方薬も効果的

 

めまいには様々な原因があります。病的なものや原因不明のものまで様々ですが、めまいの治療に漢方薬が効果的なことをご存知でしたか、漢方では人間の身体は気・血・水で成り立っていると考えます。気は人間の体を活動させる根本的な生命エネルギーのもとで、いわば元気の素もとです。気の異常には気が不足した状態の気虚と、気の流れが滞った状態の気滞があります。

 

血は血液そのものに加え、血液が体じゅうに栄養分を巡らせる働きを意味します。血の異常には血の流れが滞った状態のお血と、血が不足した状態の血虚があります。
水はリンパ液、消化液、唾液、汗など血液以外の体液のことです。水の以上には体の中に余分な水が溜まった状態の水毒があります。内耳は水で満たされていることから、漢方ではめまいは水が原因で起こると言われています。そのため、水の異常を改善することがその治療法となります。

 

めまいに代表的な薬が、苓桂朮甘湯です。体内の水分代謝が悪く、循環不良となっている場合によく用いられます。のぼせ、動機、尿量減少、足の冷え、胃内停水、頭痛があって神経質な人に用いられることが多いです。

 

半夏白朮天麻湯は胃腸が弱って水分代謝が低下、頭部の循環が悪くなったために起こるめまいの場合によく用いられます。冷え性の人で、頭痛、頭重、貧血、低血圧、吐き気などの症状のあるめまいで使用されます。

 

澤瀉湯は、吐き気を伴い頭が重く、横になっても天井や部屋がぐるぐる回るような回転性のめまいによく用いられます。当帰芍薬散は貧血傾向で水分代謝がうまくいかない場合に使用します。冷え性、貧血、生理時下腹部痛、頭痛、めまい、月経不順、更年期障害などにも使用されます。

 

加味逍遙散はストレス、自律神経の乱れからくるめまいの症状に効果的です。更年期障害、頭痛、肩こり、動悸、のぼせ、冷え性、不眠をともなうめまいなどにも使用されています。この他にも、効果のある薬は多数存在します。興味のある方は、一度専門医にご相談するのがいいでしょう。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。