疲れ目からのめまいや片頭痛への対策

疲れ目からのめまいや片頭痛への対策

目が疲れたりゴロゴロした違和感を感じるような時は「疲れ目」になっている可能性があります。疲れ目の原因としては、パソコンやスマートフォンの使い過ぎ・視力が悪かったり眼鏡やコンタクトレンズが合っていない・長時間いるオフィスが乾燥している等が挙げられます。

 

また、姿勢が悪い・睡眠や食事が不規則・アルコールやタバコの摂り過ぎと行いった普段の生活習慣からも引き起こされてしまうことがあります。ただ目が疲れているだけだと侮っていたら、ドライアイや片頭痛やめまいをを起こしてしまう方もいます。

 

めまいを起こしてしまった場合、脳・血圧・血液疾患・耳鼻科関連・精神疾患等々に異常がなかった場合は疲れ目が原因の可能性があります。めまいを起こした原因が疲れ目だとしたら、目に良いとされる食材に気を配る・目薬をうつ・首を動かしたりストレッチする・こめかみや目の周りをマッサージしたり刺激する・目をおしぼり等で暖めたり冷やしたり交互にする等色々な方法があります。

 

目にいい食材とはビタミンA・B1・B2・C類やルテインやタウリンを多く含むものですが(タンパク質や脂肪や炭水化物との組み合わせをバランス良く摂る事により効果がアップします)、具体的な食材で言うとブルーベリー(アントシニアンによる細胞の活性化)・ニンニク(血行促進)・黒酢や青魚(血液がサラサラになる効果)などが挙げられます。

 

「片頭痛やめまいはただの疲れやストレスだから」と、目の違和感をあまり気にせず原因を改善しないまま過ごしてしまうと慢性化する恐れがあります。疲れ目は(眼精疲労まで悪化させず)こまめにケアすれば慢性化せず比較的短い期間で回復するのに、サインを無視して放っておくなんて身体にとっては損ですよね。

 

もし目に違和感を感じるようなら、めまいなどの症状を起こす前に眼鏡やコンタクトレンズを自分に合ったものにする・適度に目を休めたり遠くを見る・PCを使う際にはブルーライトをカットする眼鏡を使用する・保湿を心掛ける等、原因を探り対策をとる事が大切です。


●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。