神経内科でめまいなどの症状に対する最新治療について

神経内科でめまいなどの症状に対する最新治療について

 

めまいなどを始めとする神経から来る病気、神経内科が中心となって治療していく分野ですが、最新治療について研究が進んできています。めまい以外にも聞こえにくくなる難聴や、脳梗塞、脳出血などの脳卒中の場合もあり、決して軽視してよい病気ではありません。

 

こうした病気がめまいの原因なのかどうか、まずは神経内科でしっかりと診断されることが大切ですが、最新のMRI検査などで分かることも増えてきています。耳や脳から生じることが多いめまいですが、年を取ることで生じてくるめまいもあり、神経内科などの専門医の診断が重要になります。先述のMRI検査などでその原因が分かれば、神経内科から別のたとえば脳神経内科、脳神経外科などの専門医に紹介されさらに専門的な治療を受けていくという流れになります。

 

重要なことは、たとえばいつもの立ちくらみといった具合に症状を放置してしまわずに、できるだけ早く専門医を受診し相談することです。早期発見、早期治療は病気などを治す上で極めて重要とされますので、症状が慢性化したり悪化する前に専門医の受診が望まれるところです。また、めまいがうつ病などの精神疾患から来ているケースもあり、その場合は心療内科や精神科の受診が必要になってきます。

 

このように様々な症状から来るめまいなので軽視することなく、まずはかかりつけ医などで相談してみるのもよいでしょう。そこから症状にあった専門医や専門病院などを紹介してもらってさらに専門的な検査等により病気を特定して、治療につなげていくという一連の流れが重要になります。

 

また、まれにメニエール病などの特定疾患いわゆる難病の可能性もあるので、さらに大病院の専門医などに受診したほうがよい場合も有ります。この場合は三半規管等に何らかの症状がある場合があるようなので、耳鼻咽喉科などで簡単な検査はできるようです。気になる人は症状を伝えて、検査をしてもらうことも重要になるでしょう。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。