災難とチャンスは隣合わせ

災難とチャンスは隣合わせ

せっかくの長期休暇、旅行の計画を立てていたのに足を骨折してしまったとします。

 

「旅行の計画は全部台無しだ!最悪~」とほとんどの人は災難と受け取りますよね。

 

しかし、別の受け止め方があります。

 

それは、「絶好のチャンスだった」と捉えなおす事。

 

いつもだったら時間がなくて出来なかった本を読むこと、ブログを書く事などに時間をかける事が出来たり、のんびり落ち着いて体と心を休めることが出来ると喜ぶ事です。

 

起こった出来事は同じですが、受け止め方によって災難と取るか、チャンスと取るかが決まります。

 

足が骨折して体が不自由な時に、ずっと書きたかった小説を書き始めて、それが元で念願の小説家としてデビュー出来るようになるという未来も開けてくる可能性があると思うのです。

 

そんな人は「足の骨を折った事は、自分にとって人生最大の幸運な出来事だった」と思います。

 

人は皆、自分の身に起きた時、マイナスな捉え方をするかプラスの考え方をするかを選択することが出来ます。

 

それならば「絶好のチャンスだ」と捉えなおした方が精神衛生上も良いですよね。

 

もし災難にあってしまった時、それがもし将来に向けての自分の成長につながると思えば、自分の気持ちも明るくなるし、その災難さえもチャンスに変えることが出来ると考えるのです。

 

そのためには、常日頃から嫌な出来事がおきたとしても、悪く受け止めない癖をつけておきましょうね。

 

日頃頭の中でイメージしている事が自分の未来を決めると言います。

 

悪い出来事に出会っても良い面に目を向ける、ポジティブな考えに切り替える癖をつけることによって、明るい未来に繋がっていくのです。


●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。