傷つきやすい心はどうやって作られるのか?

傷つきやすい心はどうやって作られるのか?

傷つきやすい心はどうやって作られるのか?

 

誰だって、意地悪されたり酷い事をされれば傷つきます。しかし、その傷つき具合や立ち直りには時間がかかる人とかからない人がいます。

 

この違いはその人の育った環境に関係していると言われています。傷つきやすい人というのは、小さい頃から自主的にこうしたいと思った事に対して実行したときに失敗して、親や先生などから頭ごなしに叱られたり禁止されたりした経験を繰り返している人が多いんです。また、人に自分の意見や行動を否定し続けられた人も同じように傷つきやすいのです。

 

普通、自分が失敗を犯してしまった場合、失敗の理由を分析しもう一度行動へ移すことを続けることにより、行動することの不安から解放されますが、親や他人からやめさせられて実行出来なかった場合、経験が足りないため、何が悪くて失敗したのか分析出来ず終わってしまう事になります。

 

理不尽な否定や、行動する前に否定される事を繰り返し経験すると、「してはいけない」という自分を縛る癖がついてしまい、自信のない人間になってしまいます。自分に対して「~してはいけない」「~であるべき」などの禁止や強制的意識が働くようになり、自発的な行動が出来なくなっていきます。この自分に対する縛りが不安を抱きやすい傷つきやすい人間を作っていくのです。

 

では、子供のころから否定され続けた人はずっと傷つきやすいままでいなければならないのでしょうか?そこから抜け出すには、自分の意見を肯定される経験を積むことが大切です。

 

身の回りにいる優しい人、自分を受け入れてくれる人、心理カウンセラーでもいいでしょう。そのような人にじっくりと自分の話を聞いてもらい、人に受け入れてもらう経験を積む事で、自分の行動や考えに自信が持てるようになってきます。それを続けていくことで、自然と自分の自尊心が満たされ自信も出てきて、自発的に行動出来るようになりますし、ちょっとやそっとの事では傷つかない心になっていきます。

 

世の中、やってはいけないというような危険な事は自分が思うよりはずいぶんと少ないな・・・という事に気がつくでしょう。

 


●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。