ストレスが影響する心因性のめまい・耳鳴り

めまいに処方される薬

 

めまいを引き起こす病気にはいろいろなものがありますので、それに応じたお薬が処方されます。
症状を抑えたり、改善するものなど使われるお薬は様々にありますので、覚えておくと良いですね。

 

抗めまい剤 神経に働きかけ、脳や内耳の血のめぐりを改善させることによってめまいの症状を抑えます。同時に消化器機能を抑えることで吐き気を止める作用があるものもあります。
抗不安薬 不安が強い時や、うつ状態が原因でおこるめまいに使用されます。精神を安定させる事で改善を図ります。抗不安剤は即効性があるので、精神的な効果や筋肉や神経に働きかけるのでめまいの症状に有効です。
抗うつ薬 うつ状態が原因でめまいを引き起こしているときに、うつ状態を改善するために使用したり、めまいを繰り返すことによるうつ状態を改善するためにも使用します。
抗ヒスタミン剤 市販されている乗り物酔い止めなどにも含まれている成分で、精神を安定させ吐気を抑えるために使用されるお薬です。めまいの症状にも使用されます。
自律神経調整剤 自律神経のバランスを整える作用があるお薬です。更年期障害や自律神経失調症などによってめまいが引き起こされている場合などに使用されます。
ビタミン剤 ビタミンB12の作用で末梢神経の働きを改善させるお薬で、めまいを起こしにくくします。副作用がないので、長期間に渡って服用することが出来ます。
副腎皮質ホルモン剤 内耳代謝が原因でめまいをおこすことが疑われるときに使用されます。代謝を改善させたり、抗炎症作用があります。
神経代謝賦活剤 ビタミン剤と同じく、神経細胞の代謝を促しめまいの症状を抑えます。
末梢神経拡張剤 末梢の血流を良くする事により、神経障害を修復する働きがあります。
睡眠薬 心身の緊張をほぐし、質の良い睡眠をとるために処方されます。

 

めまいの薬による治療はめまいの発作が起きた時の激しい症状を抑える時や慢性的なめまいの症状を抑えるに使用されます。お薬を服用することによって、一時的に症状が治まったからといって自己判断で薬をやめてしまうと再発する事もありますので、注意が必要ですよ。
お薬は医師の指導に従って、服用してくださいね。

 

また、薬は種類が多くなればなるほど、副作用が発生したりするリスクが多くなりますので、他の病気で使用している薬があった場合は医師に報告するようにしてくださいね。


今月のアクセス数NO.1記事



めまいに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
めまい治療でのサプリ療法
日々のめまいにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛いめまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

めまいに処方される薬関連ページ

めまいの原因は抗うつ薬の場合も
抗うつ薬でめまいが悪化することがあります。うつ病などの精神疾患と誤診されて症状がひどくなってしまうことがあります。お薬を処方された場合には、薬剤師の説明などもよく聞くようにして服用するようにしたほうが良いです。
めまいに効く市販のお薬
めまいは「水毒」と呼ばれる病気の症状の一つとして起こることがあります。この水毒の症状を改善する際には利水剤と呼ばれる漢方薬がしばしば利用されます。利水剤に属する薬には、五苓散、半夏厚朴湯、真武湯、苓桂朮甘湯などがあります。

今月のアクセス数NO.1記事



めまいに関する記事一覧はこちら→サイト内記事一覧

耳鳴りめまい原因治療サプリメント
めまい治療でのサプリ療法
日々のめまいにお悩みの方に自信を持ってメンタルカウンセラーがおすすめできるサプリメントです。 辛いめまいにお悩みの方に是非取り入れていただきたい…

[続きを読む]


 

このエントリーをはてなブックマークに追加