めまいに関する情報を記載しています。
アンケート結果発表「めまいが起こるのはどんな時?」 予防アイテムでめまいを脱出

 

めまいは何故起こるのか?原因はなんなのか?

 

 

そもそも「めまい」とは?

 

ウィキペデアからの引用であると「めまい」とは

 

「めまいは、目が回るようなくらくらとした感覚の総称」。 眩暈・目眩・眩冒などと書く。

眩は目がかすみ目の前が暗くなることで暈はぐるぐる物が回ってみえたり、物が揺れ動いて見えること。 目眩は目がかすみ頭がくらくらすること
引用元:ウィキペディア

 

よく表現される言葉は「ぐるぐるする」「ふらつく」「ふらふらする」「くらくらする」など、様々な表現の総称を「めまい」といいます。

 

めまいを起こす原因になる体の部位


めまいを起こす、原因になる体の部位は症候学的に

 

・全身性
・神経系
・循環器系

 

この3つに、大きく分けられるようです。

 

体のバランスを司る場所はは耳・脳になります。
専門用語でいうなら「三半規管・耳石器」と「前庭神経・脳幹・視床・大脳皮質」

 

めまいは、体を保つ機能障害になります。これらの場所になにか障害が起こっても、めまいがおこる可能性があります。

 

 

めまいは何故おこるのでしょうか?

 

その主なる原因としては

 

・身体の不調によるもの
・心の不調によるもの

 

以上が主な原因となります。

 

めまいでもっとも多いのは 「自律神経失調症」 ストレスが原因

最近はストレス社会ということで、前述したストレス性のめまいを感じる人が増えているようです。

 

ストレス自体は病気ではありませんので、病院に行くのをためらう人もいますが、ストレスによって体温が低下することにより、血液の循環が悪くなって腰痛や肩こりがひどくなったり、血圧が低くなったり、神経交換のバランスがうまく行かずに自律神経が乱れて、めまいの症状が現れるようになります。患者さんの中には以下の様なお声を頂いています。

 

自律神経失調症からくるめまいストレスが多いと急激に体がだるくなり、その後めまいがおこることが多いです。(京都府 女性)

 

自律神経失調症からくるめまいめまいのほかに血圧も高いため、あまりストレスをためないように医者から言われています。(東京都 男性)

 

一度症状が現れると、なかなか治らないのも厄介なのですが、めまい自体が非常につらいもので、目が回ることで吐き気を伴う場合も多いのです。起こるときも場所や時間を問わないため、道に座り込んだり車の運転中であったりした場合は、大変な危険を伴う場合があります。

 

単なるストレスの症状では済ませられない深刻な場合もありますので、そのような時は是非内科や心療内科を受診してみては如何でしょうか。最近は症状を和らげる内服薬もあるようですし、受診する人口も増えていますので、早めに病院に行くことをおすすめします。

 

実はめまいの方で、もっとも多い原因は、ストレスからくる【自律神経失調症】です。
自律神経失調症により、免疫力が低下し、その結果細菌やウイルスに感染しやすくもなり、自律神経のスイッチの切り替わりが上手に出来ないため、バランスを崩しているのです。

●免責事項
当サイトはクライアントからの情報や、信憑性の高い情報を元に他の複数の情報で精査することにより、できるだけ信用できる情報をお届けすることに力を注いでいます。しかし、当サイト独自の臨床実験や検証等をしたわけではありません。また効果・効能に関する情報は個人によって差異もございます。当サイトの情報は自信を持ってお送り致しますがご利用の際はご自身の責任の範囲でご利用頂き、万一、当サイトの情報によって不都合を被った場合でも一切の責任は負えませんことを予めご了承ください。